謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

昨年は更新がどんどん間遠になって、もしやブログはこのままフェードアウトかというところまでいってしまい、自分でもあわてた年でした。

更新ができないのは、とにかく、読書がいっこうに進まないのが原因であります。
とくに夏場。暑さに体力気力ともに奪われて、半死体のように過ごしてしまいました。毎年のことなのでこれをなんとかせねば、と新年のいまあらためて思う所存です。

近場のリアル書店が一気に半減し、売り場面積としては三分の一程度まで縮小してしまったのもかなり痛かったです。

電子書籍にも手を出してみましたが、マンガはともかく(毎日1話ずつ更新のNARUTOアプリは楽しみにしています)小説はやはり紙の本で読みたいなあ、というのがいまのところの感想です。寝転がって読むのがデフォルトな人間にはサイズと重さがとても重要ですし、バッテリーの減り具合にハラハラするのも興が殺がれるものなのです。

かといってオンライン小説を印刷して読もうとまでは思いませんが……。
オンライン小説はテキスト版を手のひらサイズのiPod touchで縦書きできるビュアーで読むのがもっともストレスがすくないと今でも思ってます。

投稿サイトの画面は横書きと文字が小さいのが辛い←

というわけで、今年も図書館を頼りに生きていこうと思います。
最近は移動図書館がかなり便利なことに気がついて、積極的に利用しています。
メジャーな本しか置いてないので、普段なら手を出さないだろうタイトルを手に取るきっかけになっています。

図書館の本は読まずに返却しても罪悪感が生まれないのもいいところです←
自腹を切った本へのスリリングさ(面白くなかったらすごく悔しい)は多少失われますが、見知らぬ作家に対するスリリングさでそれを補ってる感じでしょうか。

それで作家読みしよう思える作家さんに出会えるのを楽しみに新規開拓にいそしもうと思います。去年は私的には伊坂幸太郎を発見した年でした。遅いですね。

作家買いしている方々の新作も楽しみにしつつ、できたら感想もちゃんと書きたいと願い、新年の抱負といたします。

抱負というより、むしろ願望ばかりだwww

さらにぬるま湯更新になりそうで申し訳ありませんが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する