FC2ブログ

『エラントリス 鎖された都の物語 下』

エラントリス鎖された都の物語 下 (2)
ブランドン サンダースン Brandon Sanderson 岩原 明子
4150204233

[Amazon][bk1]

入院二日目に読了。
病院で暇だったわけじゃなくて(むしろ入院直後は検査検査で大忙しだった)、読みかけで持っていってようやく最後に達したのでした。
上巻を読んでいろいろと考えていた事はだいたい外れててあれまあ(苦笑、これは彼岸と此岸の物語ではなく、政治経済謎解きファンタジーだったのかなあ、と感じました。それはそれで面白かったですけどね。ヒロインのサレーネの大活躍には胸がすいたし、ヒーローの思慮深さには好感がもてました。
なによりも、未来へと道が繋がっていくあかるさが緊張したこころにうれしかったです。
でも一番印象に残ったのはホラゼンさんでしたよ。うーん……。
この世界は今後どう変化していくのかなあとも思いましたが、ここできっぱり終わってくれてもまたよしと思われました。
イラストも好みで、まずまず購入してよかったと思えた本でした。

ところで、しばらく離れているうちに感想そのものをどうやって書いていたのか忘れてしまったようですよ。
まだ続けて頭を上げてられるのが一時間くらいなので、焦っても仕方ないと思ってはおりますが。
本日はまた(!)昼寝をしてしまいました。
それにつけてもいまは病院の電動式自由自在のリクライニングベッドが恋しいです。頭が重いよー。とりはずして持ち歩きたい……。
ま、ぼちぼち参るといたしましょう。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)