『秘密 トップ・シークレット 3』

秘密 3
秘密 3
posted with 簡単リンクくん at 2007. 3. 4
清水 玲子著
白泉社 (2007.2)
通常2-3日以内に発送します。

[Amazon][bk1]

近未来サイコサスペンスコミック?
マンガ、小説、映画問わず、こーゆー傾向の話に接するのが久しぶりだったのでちょっとショックでした。
清水玲子の様式美あふれるうつくしい絵柄だからひと息に読み終えられたけど、もっとリアル感を重視する少年マンガでこれをやられたら途中でやめてたかも(汗。
それでも前二巻よりはおとなしめだったかなと思う自分もいて、でも比べるために読もうとは思えない……。
こういう話は異常な犯人と対する捜査側にも犯人と共鳴する要素があって瀬戸際で踏みとどまっている、というような話が多いですが、このシリーズもそのパターン。薪の人物像が小出しにしかあらわれないのでまだまだつづくのかなーと想像します。興味あるけど、読むたび消耗するなあ……。

話は飛びますが、そういえばレクター教授の過去話『ハンニバル・ライジング』がでるそうですね。映画にもなるのかな?

ところでMRI捜査の設定は覚えていたけど、MRIというと私にとっては閉所で身動きできないまま騒音をがんがん聞かされる忌まわしい検査なので、字面を見るたびちと不快なのでした(苦。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)