先行放送

先日途中で挫折した「精霊の守り人」番宣番組をようやく最後まで見ました。
メイキングは「大勢で作る物は意思統一が大変なのねー」と思いつつみているうちに眠くなりましたが、監督と原作者の対談はかなり興味深かったし、楽しかったです。
そして肝心の先行放送されたアニメ第一回ですが、なかなか出来がよかったです。
アニメとして、そして監督さんの作品として、クオリティは高いと思う。

ただ、私のもっている原作イメージとはかなり開きがあるんですけどもね。キャラクターデザインはともかくとして、質感がまるで違う。つるりのっぺりとした輪郭クリアーなのが違和感あるんですよ。でもこれはアニメとして描くからには仕方のないことなのだろうと思います。
それと、文章はいくら細かく丁寧に描写しても余白が残っていて、読み手の蓄積に左右されるところがかなり多いんだなと思いました。絵だと概念を知らない物までぱっと見えてしまいますからね。そのためか、物語世界がすこし狭くなったような気分がしましたね。

ということで、これは原作とは別の作品だなあとおもいしり、その上で続きを見たいと思う作品でありました。

それから私、エンディングのタイナカサチさんの歌が好きなのです。「彩雲国物語」のエンディングもよかったけど今回のもとてもすてきなのです。

原作のシリーズ第一巻は新潮社から文庫で出てる模様です。
精霊の守り人
上橋 菜穂子
4101302723


ううう、完結編を読みたい……。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)