スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『百万の手』

百万の手
畠中 恵
4488462014

[Amazon][bk1]

読了。
家族にあげたのを思い出して借りてきました。
ほのぼのしんみりする幻想時代小説「しゃばけ」シリーズの作者さんの、十三才の男の子を主人公にした現代ミステリ。

読んでいて私の求める現代物の雰囲気は時代物に求めるものとはかなりちがうのかなあと思いました。
さらりとした文章やなにやかやは「しゃばけ」の時に好ましいと感じたそれと変わらないのに、なにか物足りないのですよねえ。題材があまりに現代的すぎるからかなあ。ほんわかした空気のもとであった余白が、現代物では浮世離れしているように思われてしまうのかも。
それに、つめこまれたたくさんの要素が災いしているような気もする。話が散漫だと感じました。
シビアな題材を暗くせずにさばいて、それなりにおもしろかったのですが、私としては「しゃばけ」シリーズの続編のほうを読みたいなとおもいました。えーと、どこまで読んだのだったっけ?(汗。

しゃばけ
畠中 恵
410146121X

Comment

No title

こんばんは。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色さん、こんにちは。はじめまして。
トラックバックをどうもありがとうございます。

今回は、拝見して承認させていただきましたが、記事中にこちらの該当記事への言及リンクをお願いします。
ない場合は弾く仕様にしているのですが、今回は働かなかった模様です。

こちらからのトラバは折を見てさせていただきますw

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

百万の手 畠中恵

僕、音村夏貴は十四歳。悲しみにくれる僕の耳に、正哉が携帯から語りかけてきた。 あの火事は不審火だった。真相を探るために僕は正哉と動き...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。