『おおきく振りかぶって 8』

おおきく振りかぶって Vol.8 (8)
ひぐち アサ
4063144518

[Amazon][bk1]

いま最高にのっている青春高校野球マンガの最新刊。
二度三度と読み直して堪能しました←おバカ。
夏の埼玉大会一回戦、対桐青戦が終了。というわけで? この巻は桐青ナインが表紙です。
予想を覆す展開につぐ展開。うー、こういう結末になるのかーと思いながらも、そういう結末もあってもいいかなーと。何か書くとすぐネタバレになるので難しいですねえ。みんなで力を合わせて一試合を乗り切っていく姿をみていると熱くなります。桐青ナインの心理描写もよかった。とりあえず、田島君がかっくいー&かわいい! な巻でした。ひとり取り残されたまわりで動物たちがくつろいでいるのに笑った。とくに一心不乱で車を回しているハムにv。それと阿部君が俺様になっていくような……(笑。

深夜に放送中のアニメも見ています。人間のからだの動きがかなりスムーズなので嬉しい。やっぱりアニメは動いていなくちゃねーと思う。とくにスポーツ物ではね。

高校野球は関東大会が終了し、会場だった横浜スタジアムでは神奈川大学リーグをやっていました。テレビをつけたら偶然に中継をやっていたのでつい最後まで見てしまった(汗。

Comment

こんばんは。
私も買ってすぐに3度は読み返しました(笑)。
田島君のあのシーンは微笑ましくて可愛かったですね。あ、それなら西浦に来たのも分かるかも、と(笑)。
なんといっても一番はあのシーンですね(○○ップを滑らす瞬間)。天性があるというのはこういうことなんだと実感を伴って納得できるシーンでした。
三橋くん回想の叶くんの台詞もぐっときました。

アニメも見てます。コミックでは実感できなかった部分が色々分かりやすくて、より面白いですね。アニメオリジナルというか、補足部分も面白くて細部までついついチェックしてしまいます(笑

何度も読み返したくなる面白さですよね。
田島君は無邪気な一方でほんとに天才なんだなーと思いました。叶君との回想もよかったです。あと、名前呼びもよかったですね。いかにも幼なじみーって感じでv。

アニメも楽しいですよね。マネジとわんこのシーンとか、あとプレイのうごきがほんとに丁寧に描かれていて感心します。野球中継っぽくないアングルがあるとよけいにおもしろいですね。

おひさしぶりです。三橋大好きさくらいです(笑)
もう、もう、もう…! 「ここを誰にも譲りたくない!」って何なのこの修羅みたいな子は!と心臓わしづかみにされたり、「野球やっててよかった」でマジ泣きしたり、心がたいへんに忙しい巻でした。リアルタイムでアフタ読んでたのですが、やっぱり一気読みするとものすごいグルーブが。
投手って、つくづく、性格でやるものですよね…。
あの熱戦の翌日に、ああいうエピソードを挟み込んでくるあたりもさすがひぐちさんですよね(指示代名詞ばっかだな/汗)。あたしこのマンガのこういうとこが好きなのよねぇとしみじみ思いました。リアルタイムで読めて幸せです。

……って、単なる感想ですね; どうも失礼しましたっ(>_<;

わーい、櫻井さんこんにちは!
三橋君、とっても特異なキャラクターですが説得力ありますよねー。

>投手は性格でする

ってほんとにそう思います。三橋君に榛名君のボールがあれば、即プロでも通用するのになー。それだとそもそも三橋君の性格は作られないのかもしれないけど(苦笑。でもプロになってもなかなか素質を開花させられない人材をみていると、三橋君の半分でも根性があればと思わずにいられないのもたしかです。

『おお振り』って野球が日常の中にあるのがいいですよねー。人間関係が構築されていく様が繊細に描かれていて、でもべたべたしていなくて、しみじみとさせられる。
あー、もっともっと読みたい!
アフタヌーンを読んでおいでならこのあとの展開もご存じなわけですね。ウラヤマシイです。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)