スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『イティハーサ』全七巻

イティハーサ (1) (ハヤカワ文庫 JA (639))
水樹 和佳子
4150306397


超古代の日本を舞台にした壮大なSFロマン。
これも発掘本です。お約束のように一気読みしたらものすごく疲れました。でも幸せでした。全七巻ですが絶対それ以上の内容がある。半端な密度ではありません。何度読んでも読み切れた気がしない。じっさいたいへんなマンガだと思います。

じつは昔は水樹和佳子の絵ってあんまり好きじゃなかったのです。きれいだけど硬質すぎてなんとなくはね返されてるような気がしてました。でも『イティハーサ』の途中から意識が変わりました。この話を描くにはこの線しかないだろうとそう納得するようになったのです。なにしろ神々しい方々がどんどんご登場なさるお話ですからねー。そして線を受け入れられるようになったら、この迷いのない描線がいかに微妙なニュアンスまで表現しきっているかに気づきまして。うおお、これはすげえなあと感動しました。あの笑顔、あの微笑み、あの泣き顔。思い出すとぐぐぐと胸にこみあげてくる物があります。そして無限の広さを思わせる世界の描写。

『イティハーサ』の世界は透明で輪郭がくっきりとしていて潔い。澄んだすこし冷たい大気に満たされているような気がする。
登場人物達(神様含む)の想いには純粋ですこしも濁りがなく、そしてかれらは与えられた生を精一杯生きている。
そのことがどこまでも哀しくせつなく愛おしいお話です。

やばい。発掘する本がつぎつぎに秘蔵のお宝になってきた。これじゃあ棚が全然減らないよう……。

イティハーサ (7) (ハヤカワ文庫 JA (651))
水樹 和佳子
4150306516

Comment

いつも拝見してます。

イティハーサ面白いですよね。
私も以前は水樹さんが苦手だったんですが(何かの短編を読んで)、
これを読んだ時に覆りました!
本棚は既にイッパイイッパイですが、どれも捨てがたいし
いい本は新しく出るし、なかなか減らないです。。。

記事からずれるのですが、
自分のやっているブログにお気に入りのブログリンク欄を作りました。
長年は意見しているので、こちらのブログも加えさせて頂いたのですが、
問題ありますでしょうか?
リンクについてのコメントがみつからなかったので
事後の報告になってしまい申し訳ございません。。。
もし問題あるようでしたら削除します。

突然失礼致しましたm(_ _)m

samanthaさん、はじめまして。
『イティハーサ』がお好きな方がいらして嬉しいです。
面白い&好きな本は増えてゆくばかりですね……置き場所がなくなるので泣く泣く処分してますけども。

リンクに関してはなにも問題はありませんので、ご自由にどうぞ 。
むしろはってくださってありがとうございます、ですv

ご快諾いただきありがとうございます☆
本館の方は見逃してました!

また時々のぞきにきます。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。