『空ノ鐘の響く惑星(ほし)で 外伝 tea party's story』

外出中の暇を埋めようと入った本屋でつい購入(苦笑。

空ノ鐘の響く惑星で外伝-tea party’s story (電撃文庫 わ 4-24)
渡瀬 草一郎
4840239142

[Amazon]

さらに読了。

異世界戦乱SFファンタジーシリーズ完結後の番外編。
本編の十年後? のアルセイフの平和な日常を外枠に、脇役キャラクターを中心に据えた番外編をまとめた短編集です。

馴染みの世界の馴染みのキャラのその後を読むのは大変楽しく、駆けまわる子供たちの気配を感じるのも嬉しいことでした。
が、登場するひとみんならぶらぶカップルばかりであてられました。
まるで『ちゅらさん』だあ~(苦笑。

ひとりだけ壮絶な悲恋経験者がおいででしたが、そのほかはそうじて恋愛成就者ばかり。
みんなしあわせで大団円で、ああ、このはなしってほんとうに善のベクトルにみちた話なんだとしみじみ感服致しました。

そうそう、ディアメルとライナスティのその後はきちんと描かれてました……けど、こいつらもかーと溜め息ついちゃいましたけどね(苦笑。

さいごにフェリオの性格に関する考察というか、感慨がしめされたのが私にとっては収穫、かな。
さりげなく、ほんとうにさりげなくパンプキンの事件後のようすもわかったし。

とにかく、個人的に勝手に思い入れていたシアちゃんが元気に育ってくれたのが一番嬉しかった。
たのしい番外編で読めてよかったです。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)