『パラケルススの娘 2 地下迷宮の王女』

パラケルススの娘〈2〉地下迷宮の王女 (MF文庫J)
五代 ゆう
4840114269

[Amazon]

怪しげな錬金術や心霊術が流行するヴィクトリア朝のロンドンを舞台に、正体不明の男装の美女とオートマータとヘタレ少年と自称大魔術師少年とツンデレ少女とその他いろいろが活躍する、元気のいいファンタジーシリーズ、第二巻。

ものすごーくご無沙汰の末に読めた第二巻です。
一巻に感じた違和感はすっかり解消されていて、すんなりと物語世界に入ってゆけました。
おもしろかった~!

とくに現実のロンドンと地下世界のロンドンが二重に存在して交錯するところ。
ローファンタジーの醍醐味! て感じでとても好きです。
なんとなくニール・ゲイマンを思い出してしまいました。ポッターさんやピッターさんがおたがいを「氏(うじ)」と呼んでいたからかもしれないが(汗。

あとは遼太郎少年のいいなづけ美弥子さん。究極のツンデレ(笑)を楽しませていただきました。
後半はホントにくすくすとわらってしまうようなシーン続出です。

それから、これは中身とはまったく関係のないことなんですが、ひとつだけ疑問がありましてそれはたぶんヴィクトリアンを読むためには基本情報だと思うのですが、何度も出てくるたびにどうしてもわからんので最後まで悩んでしまいました。私これでもヴィクトリアンはけっこう読んでいるはずなのになあ……悔しいような恥ずかしいような複雑な気持ちです。

それであの……インヴァネスってなんですか。

ネバーウェア
ニール ゲイマン Neil Gaiman 柳下 毅一郎
4924914347

Comment

インヴァネス

もしかしたら、インヴァネスは、
インヴァネスコート
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88
のことかもしれません。
シャーロック・ホームズがよくきていた、袖なしのコートっすね。

おおう、情報ありがとうございます。
なにか身につけるものだろうとは思っていたのですが、インヴァネス、インヴァネス書いてあるのでまさかコートのこととは思いませんでした。
このコートって袖、ないんですねえ……。なるほどー。
百聞は一見にしかずですねv。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)