『伯爵と妖精 紳士の射止めかた教えます』

伯爵と妖精 紳士の射止めかた教えます (コバルト文庫 た 16-32)
谷 瑞恵
4086010763

[Amazon]


読了。
ヴィクトリア朝のロンドンおよびイングランド周辺を舞台にした、妖精博士の女の子とタラシ伯爵のロマンティックファンタジー。
……もうシリーズ何冊目かわからないです(汗。
今回は短編集となりました。

収録作品は「コウノトリのお気に召すまま」「紳士の射止めかた教えます」「学者と妖精 この世の果ての島」の三編。

リディアとエドガーが婚約する前のドタバタ劇二編と、リディアの父親カールトン教授と妖精博士の母親アウローラがいかにして出会い、結婚したかを描く一編です。

リディアの腰が定まらないときの不安と期待のない交ぜになった時期の話は、やっぱりおもしろいです。自分でからかってるくせに、リディアの反応にひそかにうろたえたり不安になってるエドガーが楽しいし(笑。

なにより、横柄な猫型妖精ニコとレイヴンのコンビ(?)がちょこちょこと活躍してくれるのが嬉しい私です。レイヴンの伯爵への天然突っ込みがあいかわらず素晴らしいv。

三作目のリディアの両親のお話はかなりファンタジー色が濃くて、これもたいへん楽しめました。
カールトン教授はおとなしいのでエドガーのように読みながらニマニマしたりできませんが、煙水晶の環状列石とか妖精たちの宴会とか、短篇なのにこれでもかとそれ風要素がちりばめられていて嬉しかったです。

外ヘブリディーズに先祖代々すまい続けるアウローラの古い家系は、これからの本編の大きなポイントになってきそうだなと思いました。
取り換え子がなんどもくり返し血脈に取り込まれていく家系って、なんだか不幸な気もしますが……。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)