『剣嵐の大地 2 氷と炎の歌3』

必死になって読んでいたら本の重みと緊張度に腕と肩から派生して身体中が凝りまくりです。

415208782X剣嵐の大地〈2〉氷と炎の歌〈3〉 (氷と炎の歌 (3))
ジョージ・R.R. マーティン George R.R. Martin 岡部 宏之
早川書房 2006-12

by G-Tools

[Amazon]

寝る前に湿布薬が必需品となる怒濤の異世界SFファンタジー戦記、第二巻。

うわー、うわー。
なんて凄すぎる情け容赦のない展開!
すでにどん底に墜ちているはずのスターク家をこれでもかこれでもかと踏みにじり続ける災難の数々に言葉を失います。
たしかにかれらにも落ち度はあるんだけれども、それにしてもこれは酷い。といいつつそれがこの話の面白いところもあるので酷いと叫びつつも「もっとすごいことが……」と期待してしまう私がいるわけですが。

しかし、とくにあの家とあの家ときたら!
よくもこれだけ利己的な性格が集ったものだとあきれてしまいます。
というより、君主ってみんなそんなものなのだろうか……。
どのひとたちもキャラクターや登場人物といった薄っぺらな存在ではなく、まさにそこで心臓の鼓動とともに息をして憎んだり愛したり恨んだり怒ったりして、生きている。
そうした濃厚な感情がさらに複雑かつ苛酷な世界を熱く歪ませているようです。
おお怖。

この世界では善良なだけでは生き抜いてゆけないみたいです。
甘っちょろいヒロイズムや感傷は命取り。
どんな手段をとっても自分を表現して生き抜こうとする鉄の意志がなんとしても必要なようです。
たぶん私は虫けらとして最初に脱落していることでしょう。

あああ、サンサもあわれだけど彼女は自業自得、しかしアリアはアリアは……。
夜警団と壁の行く末も気になるし、身体も心も痛いけど、つづきいきます。

ところで、このところの私のささやかな息抜きは、ジェイム・ラニスターとブリエンヌの道行き(?)です。
美女と野獣ならぬ美男と野獣(ごめんブリエンヌ)の二人連れ。
敵対する立場で性格的にも嫌い合っている、殺気だったやりとりのつづくこの取り合わせで憩いを感じてしまう物語って……(苦笑。

剣嵐の大地 3 (3) (氷と炎の歌 3)
ジョージ R.R.マーティン 岡部 宏之
4152087889



弟が文庫で読んでいるので記憶に埋没した固有名詞の字引に使えるかと思ったのに、まだ第一部までしか進んでなかった。自分でするにはとうてい時間が足りません……。
七王国の玉座〈1〉氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)
ジョージ・R.R. マーティン George R.R. Martin 岡部 宏之
4150115648

王狼たちの戦旗 (1)
ジョージ・R.R.マーティン 岡部 宏之
4150116040

Comment

私もここまでやるかー! とびびりながらも、さらなる阿鼻叫喚の展開を待ち望んでいるSな自分もいたりして…。私の場合は、3巻は間をおいて読んだのですが(今回は毎月刊行でしたからね)、これを一気に3巻まで読むとあまりの濃度の濃さにしばらく立ち直れない気がします(^_^;)。
3巻も次々と「!!!!!」衝撃的展開のオンパレードに息をつく暇もありません。最後の最後まで、「ひえええええ!!!」。何を言ってもネタバレになっちゃうから、叫びであらわすしかないです、このシリーズは。

そんななか、私もブリエンヌとジェイムの美男野獣コンビにニヤニヤしっぱなし。この二人も大変な目にあっているんですが、それでも潔癖野獣乙女ブリエンヌの鉄壁なタフさ(このシリーズのなかで最強かも)とジェイムの皮肉たっぷりなユーモアが楽しいですよねぇvv。

ゆめのさんが読了した際には一緒に叫びたいです
(笑)。

あ、そうだ。早川書房に氷と炎の歌の公式サイトができていて、そこにキャラと世界の設定集が置いてありますよ。
http://www.hayakawa-online.co.jp/SOIAF/

響子さん、こんにちはー。
いま三巻の半分行くか行かないかくらいのところです。響子さんのおっしゃる阿鼻叫喚の展開、ひとつクリアしましたよ!(苦笑。
もんのすごーく嫌なヤツがお亡くなりになってもすっきり爽快とならないのは、それによって状況がどんどん悪化するからでしょうか……。
そのぐしゃぐしゃに混乱した状況にすでに物語の種が仕込まれているのだろうけど。
いまはティリオンが可哀想で……サンサはまた別の窮地に墜ちているし。こちらは哀れむと言うより苦笑のほうが強いですがね。

響子さんもあの美男野獣コンビがお気に入りと聞いて喜んでます。
ジェイムがブリエンヌに無関心ではいられなくなっているところがたいへんに面白いですよね。たぶんかれは彼女のような存在にあらたな発見をしているのだと思います。でもその関心は恋愛には向かわないとは思うけどもね(笑。

それから情報もどうもありがとうございます!
これでやっとサー・グレガー・グレゲインとサンダー・グレゲインの違いを思い出しました。

このシリーズ、鳥頭人間には登場人物索引が欲しいですね。陣営別も役に立たないわけじゃないですが、さがすの面倒で(汗。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)