『白い盾の少年騎士 上』

白い盾の少年騎士〈上〉 (岩波少年文庫)
トンケ ドラフト Tonke Dragt 西村 由美
4001145774

[Amazon]


読了。
中世ヨーロッパ風異世界を舞台とした、少年たちの冒険と成長物語。
『王への手紙』の続編。おもいっきり、話が連続しています。
というか、これが本編じゃないのかというくらい。
前作での主人公のティウリは本筋の脇を走っていただけだったのね、ということがこれでわかります。ようやく物語の中心に仲間入りできた?(笑。

で、前作の功績で騎士に叙任されたティウリと、旅をともにしてかれの友人兼盾持ちとなったピアックが今回の主人公です。
そして前作でちょこっと出演してかわった存在感を発していたマヌケも今回は旅の仲間です。
旅の仲間って言葉、なんかいいですねえ……。

本書はもう四十年以上も前に執筆された作品なんですが、随所に『指輪物語』の影響かなあ、と思われる部分があります。
指輪よりもかなり健全でマイルドな青少年向けのお話ですが、悪役として噂しかされてこなかったさる御方の登場にはちとわくわくさせられました。
かれはたんなる悪役ではないと思う。

それにしてもリストリディン騎士、どこへ行っちゃったんですかねえ……。

謎めいたイサドーロ姫と男装して軍団にまぎれ込んだラヴィニア姫のその後、その間でゆれ動くティウリのその後が気になりますv。
感想書けたからつづきを読みますよー。

この本を読むならこちらから。
王への手紙 (上) (岩波少年文庫 574)
トンケ・ドラフト 西村 由美
400114574X

王への手紙 (下) (岩波少年文庫 575)
トンケ・ドラフト 西村 由美
4001145758

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)