『伝説の森 上 ヴァルデマールの風第三部』

伝説の森 上 (1) (創元推理文庫 F ラ 3-10 ヴァルデマールの風 第 3部)
マーセデス・ラッキー 山口 緑
4488577105

[Amazon]

診察待ちのあいだにちびちびと読んでました。読了。

日常的描写の細やかさがたのしい、異世界ファンタジーシリーズ「ヴァルデマールの風」三部作の第三部、の上巻です。
持ち歩きになるべく重量の軽そうな本を選択したらこれになりました。

えーと、この巻でこのシリーズは都合五冊目となるわけですが……なんだか登場人物がどんどん増えてってませんか。鳥頭の私はキャラクターの名前とその背景を思い出すのにさんざん苦労してしまいました。〈暗き風〉とヴリーとかの中心部分はさすがに忘れてないんだが。

それと冒頭のんびりとした雰囲気がかなり長いことつづいたので話がどこに向かっているのかもなかなか思い出せず、どころかそもそもエルスペスがなぜク=シェイイナ族のところにやってきたのかを忘れていたのです(大汗。
一生懸命考えて、そういえばヴァルデマールでは習うことのできない魔法を身につけるために旅に出たのだと思い出しましたが。

ぼうっと読み続けていると楽しいんだけど(グリフォンの子どもたち、かわいい)、ふときづくと話を全然理解していないことに気づいて愕然とするという。

これって私の記憶力もさることながら、描写や展開がかなり冗長だからなんじゃないかとも思う次第。
こういうふうに書きたい気持ちはものすごくよくわかる――しみじみとよくわかりますが、こんなにそれぞれのキャラを丹念に書いていたら、本筋の輪郭がほそくなって薄れてしまうのですよねー。

それに最近キャラクターに対して著者がとても甘いのも気になるなー。
これはシビアーな長編をつづけて読んでいたからかもしれないけども、この上巻では緊張感のないゆるゆるとしたはなしと感じられてしまい、ちょっと残念でした。

そもそもラッキーというひとは大甘の大団円が好きなのかもしれないですね。
勧善懲悪の設定であまり人物関係は込み入ってなくて。
それに大長編にはむいていないような。
先日出たばかりのタリアの物語で緊張感が持続していたのは、量的にそれほど大部というわけではなかったからかも。

とはいいつつも、ヴァルデマールの暮らしが詳しくわかる部分が私は大好きなので、気分が悪い時でなければ冗長も大歓迎なんですけどねー。

とにかく、下巻でヴァルデマールの風は完結です。
借りた本がまだ残っているので、下巻はすこしあいだを置いて読みます。

伝説の森 下 (2) (創元推理文庫 F ラ 3-11 ヴァルデマールの風 第 3部)
マーセデス・ラッキー 山口 緑
4488577113

Comment

この作品、私はまだ読んだことがないのですが、ゆめのさんのこの感想を読んで、読んでみたくなりました!
まず『日常描写の細やかさ』で、お?と思った後、話の発端を忘れるほどののんびり展開とか、キャラを丹念に書きすぎて本筋が・・・とか、緊張感のないゆるゆる展開とか、過ぎると欠点になる(というかすでに欠点になってる?)ような特徴を聞けば聞くほど、もしかするとこの作品は私の好みなんじゃないかと思えてきて・・・(笑)。
『シャーリアの魔女』の作者さんですよね?
あれは翻訳が好みじゃなかったのでいまいちでしたが、著者が好みに合わなかったわけじゃないと思うので、今度読んでみようと思います!

ああ、たしかに冬木さんの好みには合うかもしれないですねv
とにかく食べるところ入浴するところ装うところと、衣食住の描写が豊富ですので。
それに獣たちもたくさんでてきます。馬や猛禽や狼が、大活躍です。

シリーズはたくさんでてますよー。「ヴァルデマール」とつくもので、創元推理文庫がほとんどですが先日C・Novelsでも一冊刊行されました。
お読みになったらぜひ感想をうかがいたいです(笑。

作者は『シャーリアの魔女』のひととは違う気がしましたが……そういえばあのシリーズもいろいろとこんな感じでしたね。しまったあれは一巻しか読んでいなかった。思い出させてくれてありがとうございます。

あーっ! 私、超勘違いをかましました!
そう、「シャーリアの魔女」はぜんぜん別の人ですね。
何で勘違いしたかというと、片方の苗字と片方の名前が似てる・・・、ただそれだけ(笑)。
で、動物もたくさん出てくるのですね?
良い情報をありがとうございます。
それは、ますます、ぜひ読まねば!!

>片方の苗字と片方の名前が似てる

マーセラスとマーセデスですね。
たまたま私はマーセラスを覚えてなかったけど、もし覚えていたらやっぱり間違えそうです。最近固有名詞を忘れるのが大得意になってますからねえ(苦笑。

お気に召していただければ幸いです。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)