『空中楼閣の住人』

空中楼閣の住人 (Flower comics special うるわしの英国シリーズ)
波津 彬子
4091387837

[Amazon]

「うるわしの英国シリーズ」第三巻です。
今回はすこし長めの連作短篇が2編。
どちらもコーネリアス・エヴァディーンは出てきませんが、とてもすてきな妖精譚となっています。


空中楼閣の住人
はるかな緑の国



「空中楼閣の住人」は謎めいた、もしかして幽霊屋敷? というような館に住む男にひきとられた少年のお話。
あるじは美男の貿易商でいそがしく、少年と話している暇はない。
結婚しているはずなのに奥さんは姿を見せない。
執事はいず、使用人はちょっとふしぎなハウスキーパーのバナールさんがひとり。

親戚中をたらい回しにされてきた少年ヴィクターは自分はここでも歓迎されていないと思いこむが、館中におかれた骨董品がかれの想像力を刺激してときおりおかしなことがおこるのだ。

――というようなお話。

犬をもらうはずが「おなじ四つ足だから」とつれてこられた黒い子猫がたいへんに愛らしいです。
そしてこの子が屋敷の謎に迫る鍵を握っているのですよー。

「はるかな緑の国」はその前日譚です。

シリーズの他作品とおなじようにハートウォーミングなお話でよんでいて気持ちよかったです。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)