『花々のゆううつ うるわしの英国シリーズ4』

花々のゆううつ (フラワーコミックススペシャル)
波津 彬子
4091307949

[Amazon]


上品なユーモアにほのぼのムードがすてきな19世紀イギリスを舞台にした連作短篇。
シリーズももう四巻目です。

今回の収録作品は

花々のゆううつ
ヴィルヘルム・某日 秘密の温室
レディ・ダルリンプルの呪い
ヴィルヘルム・某日 招かれざる客
5番目のコーネリアス
ヴィルヘルム・某日 空想科学猫(キャット)
お決まりの結末
Under the Rose

あとがき



となっています。

今回はあいかわらず結婚できないコーネリアス・エヴァディーンのほかに、心霊学者のアシュリー教授とその息子ノーマンくんのコンビがでてくる話がふたつ収録されています。
それとヴィルヘルムの掌編が(苦笑。

オッサン猫のヴィルヘルムはコーネリアスより人気があるらしいです。じっさい、コーネリアスの話でもヴィルヘルムが出てくるとついなにをしてくれるかと期待してしまいます。
「ヴィルヘルム・某日」のシリーズはメイドさんとヴィルヘルムの関係が微妙におかしいショートストーリー。

心霊学者の親子の話は当然ながら当時のイギリスの心霊主義がらみの話を描くちょっとビターだけどたのしいお話に仕上がってます。
能天気な父ちゃんをいつもフォローしているしっかりもので神秘的なノーマンくんが印象的。

ところで、興味津々だったコーネリアスの二つ名ですが、タイトル通り「五番目の」でした。
なんつー手抜き……というかあんまりめだたないヤツなんだな、ウエストン子爵って、と納得しました。だから素通りされちゃうんだなー。

それにしても一族に同い年の男の子が五人もいて、ぜんぶにコーネリアスとつける両親たちの気持ちがよくわかりません(苦笑。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)