『トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars V 薔薇の玉座』

トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈5〉薔薇の玉座 (角川スニーカー文庫)
吉田 直
4044184119

[Amazon]

読了。

シスター・エステルと神父アベルを中心に進むトリブラROMの第5巻。
舞台は北の大国アルビオン王国に移り、王座を巡る陰謀と聖女となったエステルの出生の秘密が絡んでずいぶん大きな展開となってます。

能天気な兄ちゃんカインがどうやらアベルの関係者らしかったり、姉様の陰に隠れているばかりだった法王アレッサンドロが自立の兆しを見せたり、壊滅騎士が相変わらずの騎士道邁進ぶりを見せたり、結構面白かったです。

はなしが次巻につづくというのもあたらしい展開。
だんだん張りめぐらされた伏線が顕在化してきて、先行きが期待できそう。

しかし、私のごひいき殺戮機械くんの出番がまっったくなかったので、その点では減点をせざるを得ないのでした。
かわりにWWWのオジサンが大活躍してましたが……オジサンじゃ代わりにならないのよ。

ところで、あとがきにまた「ROMとRAMは時間軸の違うシリーズ」と念を押してありましたが、これの意味がいまだによくわからないんですよね(汗。
時間軸がちがうということはパラレルワールドであるということなんでしょうか。
片方はエステルがいる世界、もう片方はいない世界、とか?

とりあえず、直接の続編を借りてこようと思います。
トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈6〉茨の宝冠
吉田 直
4044184127

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)