『トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars VI 茨の宝冠』

トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈6〉茨の宝冠
吉田 直
4044184127

[Amazon]


読了。

文明崩壊後の地球を舞台に長命種と短命種とにわかたれた人類の抗争と、暗躍する薔薇十字団との暗闘をえがく、「遠未来黙示録」。
Reborn on the Marsの六巻目。

常套句を多用した装飾的な文章で描かれるスペクタクルアクション。
前作「薔薇の玉座」からひきつづいてアルビオンでの王位継承と薔薇十字団との抗争がからまりあって状況が複雑になってきました。
今回の肝はシスター・エステル・ブランシェの出自判明と、アベル・ナイトロード神父の兄とおぼしき薔薇十字団のカインの出現かなー。

主に聖書や西洋史から引用される固有名詞の持ち主が、もとの印象とはまったく異なるぶっ飛んだキャラになるのも最近では楽しみです。

このあとはいったいどうなるのかーってところでかなりの盛り上がりを見せているのですが、たしか、ROMってこの巻までしか出ていないのですよね……。
あとは残りのRAMを読んで補完するしかないのか。うーむ、残念。

ちなみに今回はトレス・イクス神父が大活躍でしたので、私的ポイントでは高得点の巻でした。
残りでも無表情に撃ちまくってくれるといいなあv

Comment

レディオ・ヘッド

トレス君の最大のライバル
ケンプファーとのバトルが一番スキ

予定プロットでは主のカテリーナと騎士団
入りしちゃうし。

続き読みたかったなぁ

アスタルテの大鎌さん、こんにちは。
トレス君とケンプファー氏のバトルは楽しかったですよね。
浅いファンなのでよく知らないのですが、予定プロットなんてものもあるんですね。
ほんと、続きが読めないのが残念です。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)