文庫版『クリスタル・ドラゴン 12』

クリスタル・ドラゴン vol.12 (12) (秋田文庫 16-25)
あしべ ゆうほ
4253178596

[Amazon]

長期にわたって描き続けられているケルト風ファンタジーマンガ。
昨年の夏に出ていたのにまったく気づかず、あやうく読み逃すところだった文庫版12巻です。

初出は『月刊ミステリーボニータ』2004年3月号~11月号、2005年1月号~2006年1月号。
もしかしてこのすぐつづきが新書版で読めるのでは、とか考えてしまいました。
そして文庫のみで追いかけることにして数年、とうとうまったく読んだ記憶のない話に突入です。

……とはいっても、もうすでに話のほとんどを忘れ去っているのでもし重複していたとしてもわからんだろう。
グリフィスとアリアンが一緒に旅をしてきた理由なんて忘却の彼方よ(汗。ソリルはヘンルーダを追っかけてたんだと記憶しているが。

さらにこのところつづいている異界モードの話には、説明が少なく絵で表現しようとしている部分が多いため、その場の雰囲気は読めてもストーリーにどう繋がっているのかを思い出しにくいんですよ。

それでも、こういう描き方、私は好きです。小説なら説明文ですませるところを情景描写やひとびとのやりとりで次第に浮かびあがらせていくような描き方ですね。

だけどこれはやはり完結の暁にははじめから読み返さないとダメだなあ………(涙。

そうだ!!
今回の特筆すべき事柄はとうとうタイトルロールがご登場したということです。
そろそろストーリーも締めの段階に近づいているのかな。

最新刊は25巻ですが、24巻のカバー絵が文庫版12巻の綴じ込みカラーとなっております。
クリスタル・ドラゴン 24
あしべ ゆうほ
425309550X

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)