『大奥 1』

大奥 (第1巻)
よしなが ふみ
4592143019

[Amazon]

疫病のために男子が極端に生まれにくくなった江戸時代の日本では、女性が社会を動かすようになる。
徳川将軍家も例外ではなく将軍は女性。後宮である大奥では若く美しい男たちが将軍の寵愛を競ってすさまじい毎日をくり広げていた。



もし、江戸時代の大奥で男女の役割が逆転したら、というつまりSFでいうならばifものです。
しかしこれはもの凄いマンガです。
怖い物見たさもあるかもしれませんが、興味深いし、リアリティーあるし、好奇心をかき立てるし、なんといっても面白い!のです。

江戸時代のこまやかなディテールの描写にはきちんと調べて書かれているんだなーと思うし、大枠はともかく大奥の内実にはたいそう現実味があります。
男同士の陰湿ないじめや色恋沙汰などは、ちとボーイズラブ風な味付けも設定を思うとうなずけるし、それだけでなくひとつのエピソードが時代劇の人情もののようなたたずまいの「いい話」になっているところも上手いなーと思う。
フェミニズム的な読み方もできるし、あれこれ状況を推理する楽しさもあります。

いや、すごいもの見てしまったという感じです。

私が気になるのは日本国内だけならこのジェンダー逆転現象をそのまま受け入れて無邪気に生きていけるかもしれないけど、外国とのおつきあいで非常に無理矢理なことをしているのを不自然と思わないのであろうかという点です。この習慣を作ったひとはきちんと問題点を把握していただろうと思われるのにいまの将軍家ではどうやら上層部も理解していないみたいなんですよねえ。

これってもしかして、最後に「女性だった」春日局が残すように命じたという文書であきらかになる、のかな?
わくわく。
いま、すっごく続きがよみたい!と思います。
でも本屋になかったのでお預けです(涙。

それにしても、男だらけの大奥って客がひとりだけのホストクラブみたいですねー(汗。
それと、女の人たちが有能な話ってスカッとします。
吉宗公、かっこええ~v

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)