『大奥 2』

大奥 (第2巻) (JETS COMICS (4302))
よしなが ふみ
4592143027

[Amazon]

徳川将軍家の将軍を女性が継ぐようになり、大奥は男の世界というジェンダー逆転歴史コミック。

第一巻に驚嘆して第二巻を購入、読了しました。

うはー、なんというかうちのめされた。
第一巻の終わりで暗示されたように、なにゆえ男女逆転大奥が誕生したかの謎があきらかになっていたわけですが、これはもう、「もし」の世界の遊びはとうに超えちゃってますね。
たぶんほんとうの大奥でも存在したであろう悲劇が男女ところを変えたからこそ鮮明になるというか、人間の根本的なところをえぐるような描写が深く心を打つ物語になっています。

欲望や妬み、からだとこころへの暴力など凄惨な話がつづくのですが、それでも品を失わず、まだどこかに希望をもってしまうのは、このエピソードの主人公若き僧侶として登場した万里小路有功のすがしさ美しさ(!!!)、まだおさない将軍のあやうさ、いじらしさ(vvv)のためだろうか。
ラストシーンで抱き合う二人の姿が切なくて、うううん、なんて書いたらいいかわかりません。

でもなー、このさきこのふたりに幸せが待っているとは全然思えないんですよね。
春日局は家光の血を残したいばかりを念じているかもしれないけれど、ほかのひとびとは徳川の体制を維持することが大事だと思って荷担しているわけですよね。
制度を維持するためのエネルギーって、どうしても人間性を犠牲にしなければ生まれないものなのだろうか。
いっそのこと、むかしのイスラム商人のようにすべては一代限りの個人勝負、遺産もなしってことにすれば、みんな身の丈にあった生き方ができるのかな。
でも、一国の政府が一代限りでどんどん移行していったら、国民は混乱しっぱなしだもんなー。
うーむ、むつかしいものです。

とりあえず、こんど出かけたら三巻買おう。

大奥 第3巻 (3) (ジェッツコミックス)
よしなが ふみ
4592143035

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)