懐かしのサイボーグ009

昨日のことでした。
お昼にプロ野球中継開始待ちしていてチャンネルをうろちょろしていたら、何とも懐かしい映像に出くわしました。
アニメの『サイボーグ009』です。

この後、えらく長く書いてしまったので、たたんでおきます。



一週間丸ごと石ノ森章太郎特集とかいうのをBSでやってることは知ってて、興味もあったのですが、時間帯がちょっと無理なところだったのでほとんど見てなかったのです。見たのは第一回にやってた仮面ライダーの放送第一回だけ。(「仮面ライダー本郷猛は改造人間である――」のナレーションがまだなかった!)

どうやらその特集のサイボーグ009の回の、ダイジェスト版再放送みたいなものを、翌日のお昼にやってたらしく、私は偶然それと遭遇した、ということらしい。

見た時にやってたのはテレビの第二シリーズで、これはホントに懐かしいばかり。
私が009にはまりだしたのが少女コミックに連載された「エッダ編」からで、そのあとから放送されたシリーズだったので、特に印象が強いのです。

で、あー懐かしかった。それじゃあ野球に行くか、と思ったらまだ中継は始まらず、そしてBSではたしかに009なのになにやら見たことのない映像が……。

とそれがテレビアニメの第三シリーズだと思いあたったのはしばらく見てからのことでした。
そういえば、そんなのもやってたことは知ってたんだけど、見てなかったよなあと。

しかし、それにしてもこれってすごくないか?
年代を重ねる事に大人っぽくはなっていったけどけして立体的なリアリティーを増していったわけではない石ノ森章太郎の絵柄に、アニメのキャラがそっくりですよ?
あの無風なのになびいてる髪やマフラーや、骨格がわからないのになぜかいなせにかっこよく感じるポーズとかがほとんどそのまんま再現されてますよ?
なのにアニメーションとしての動きにぜんぜん違和感が感じられませんよ?

というような驚きに支配されて、私はけっきょく「地下帝国ヨミ編」の最後までアニメに見入ってしまったのでした。

「地下帝国ヨミ編」自体はもちろん既読ですが、いつものごとくストーリーは半分くらい忘れてたし。
五つ子の女の子が出てきた時、ああ、あの話か!と気づいたけど、この話がさいごに「地上(ここ)より永遠(とわ)に」につづいていたことも直前まで思い出さなかったし。
さすがにあの名台詞だけは忘れようにも忘れられませんでしたが……。

かなり楽しめました。

地下帝国ヨミ編の頃の009の絵柄はもう少し丸かったような気がするとか、ネーミングのよりどころがまったくごちゃごちゃやなあとか、あらためて見ると突っ込みたくなるところがいろいろとあったけど、まあ、とにかく面白かったです。

その面白かった中の懐かし成分はおそらく80パーセントくらい。
絵柄の酷似に驚いて見たんですからしょうがないかな。
でもホント、あんなに似ているのは驚きです。あの絵柄に似せるのはかなり難しいと思うのですよ、とくにアニメでするのは。

以前、009の絵は古いから、もっとリアリティーある立体的な絵柄に全面的に替えてみたらいまでも受けるんじゃないかなどと僭越なことを思いついたことがあるのですが、009はあの絵じゃないと009とは言えない! という自分的こだわりからみずから却下したことがあります。
そのこだわりはやっぱり私だけじゃなかったんだなー。

それと昔のマンガはストーリーが骨太であるなあとあらためて思いました。
昔は話は書きたいだけ書き込む、なんてことはできなかったんだろうな。だからひとつの話の中には余計なものは省いて、書き込めなかった分はまた別の話にするというふうにしていたんじゃないかと推測します。だから昔のマンガ家は作品数が多かったのではなかろうかと。

というわけで、ちょっと読み返したくなったのですが、残念無念。
009シリーズはすでに処分済みでした。

その後、当初の目的の野球中継に戻り、接戦の末またも敗戦を味わった後、なんとなくYS×Gを見つつ徘徊していたらMXで『R.O.D -THE TV』の第一回をみつけて鑑賞、さらに流れでいままでほとんど見ていなかった『ガンダム00』の最終回まで見てしまったりしたので、えらい疲れました……自業自得ですが。

サイボーグ009 第2章 地上より永遠に 2
櫻井孝宏 植田佳奈 森久保祥太郎
B00007LAA7


絵は石ノ森章太郎そのものですが、キャラクター設定は時代に合わせて若干変えられてます。
個人的に一番変わってるなと感じたのは003。意志を表に出す現代的な女性になってます。もともと理屈っぽいフランス人のはずなのに妙に日本人男性願望型だったのが不満だったのでこれはよし。声が『犬夜叉』のかごめちゃん・『フルメタ』のかなめの方だったのでその変化は声を聴くだけですぐに感じとれました。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)