文庫版『風光る 4』

風光る 第4巻 (4) (小学館文庫 わA 34)
渡辺 多恵子
409191814X


新選組を舞台にした幕末青春グラフィティ、文庫版の4巻。

一気に行くよ、とかいいましたが、集中力がつづきませんでした。歳喰ったせいかなあ。昔は一晩にマンガなら二十冊……は大げさとしても十冊くらいはかるかったのに。

そのかわり、この巻も舐めるように二回読みましたv

自己主張の仕方がまずかったり周囲の尻ぬぐいをさせられたりで、新選組はあいかわらず京の都の嫌われ者ですが、そんな経験がセイちゃんをどんどん成長させていくようです。
しかし幕臣の質の悪いこと。やっていいことと悪いことの区別もつかないのだろうか。やはり入れ変わりなくおんなじ仕事をおんなじヒトがし続けると血流が悪くなって手足がおかしくなるのだな。もう神経が通わなくなってるのかもしれない。
今現在のどこかのなにかにそっくりです。

今回は山南さんがかわいい!の巻ですね。
のちの悲劇を思うと笑ってばかりはいられませんが、やっぱり悶々と思い悩む一途な山南さんの姿は楽しかったです。

そして斎藤さんの心の声に思わず吹き出す。



けっ



総ちゃんの野暮天め~(笑。

さあ、続きを読もうっと。

風光る 第5巻 (5) (小学館文庫 わA 35)
渡辺 多恵子
4091918158

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)