『鋼の錬金術師 19』

鋼の錬金術師 19 (ガンガンコミックス)
荒川 弘
4757522371



異世界アクションファンタジーコミックの第十九巻。
ようやく追いついた最新刊は、風呂敷たたんでまーす的雰囲気の驚愕展開ビシバシな一冊でした。

エドってとーちゃん似だと思ってたけどこれほど瓜二つだったとは思わなかったです。
外見だけでなく中身もけっこう似ているようだ。

じらされてじらされて明らかになったとーちゃんの秘密にはびっくりした。
敵陣営に関わりがあるだろうと予想はしてたけど、それの上を行く展開でしたね。
その一方でシン国関係での展開はもう広がることはないのかなと少し寂しい。

いまの疑問はホムンクルスの知識の源はどこなのだろうということです。

そして気になるのはクセルスセスの文化背景はペルシャなのかいなということです。
ヴァン・ホーエンハイムって名前はどこからひねり出してきたんだろう。

……そういうことは多分このマンガではたいした意味は持たないと思うのだけど、私は気になるのです。すみませんこだわる奴で。

ともあれ、終わりが近いことをひしひしと予感させてくれる一冊でした。
つづきが楽しみ!

余談。
ホークアイ中尉の長々とした世間話を暗号として解読したマスタング大佐をちょっとだけ尊敬(笑。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)