スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『水素 hydrogen』

水素―hydrogen
鶴田 謙二
4063300404


借りて読了。
コミックとイラストが収められたSFテイストあふれる大きなカラー作品集。


巻頭のマンガ「ベネチア」であらためて思ったのだけど、この方の未来のイメージは都市が水没してるのですね。
温暖化なんだろうけど、そのわりに画面の空気にべたついたところがないのがリアルでないけど好ましいところ。
高温多湿の環境が大嫌いなんで。

それから空の青さは特筆すべき鮮やかさです。
飛行艇でゆく空の旅のロマンチックなこと。

女の子はいうまでもなくチャーミングでいろっぽい。
多分この方のファンになる人はまず女の子に目が行ってるはずだと思う。

それにくらべてイケメンとか可愛い少年とかはまったく出てこないよね。
味のあるじいさまで我慢しろと言うことなのか。いや、ふつーはそんなことで我慢したりはしないだろう。私だけですよそんなので我慢するのは多分。

できるなら味のあるばあさまも出演させて欲しいところだな。

個人的に短い連作の中でたいそう身近だった地名を発見してちょっと嬉しく恥ずかしかったです。

イラストはあちこちの本や雑誌の装画やポスターやらで描かれたものに未発表のものも含めて収録。

『Spirit of Wonder』からは格段に洗練された絵柄が印象的。

なかに読んだことのある本のものがあることに気づいたりしましたが、そうか、そうだったのか。当時はまったく気に留めてませんでした。

なんでかな。
イケメン要素が足りないから?

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。