スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『町でうわさの天狗の子 1』

町でうわさの天狗の子 1 (1) (フラワーコミックス)
岩本 ナオ
4091313930


なんとなく気になっていたので買ってみたマンガ。

日本のどこかの田舎町で、天狗を父親とする女の子の日常生活と恋をえがく少女マンガです。

いやー、少女マンガってホントにいいなあ。
と思えるような作品にひさびさに出会えたという気がします。

まず冒頭のモノローグにぶっとんだ。

年上(おっさん)好きのお母さんは
夏祭りの夜に
450歳年上のお父さんと
恋に落ちた



で、生まれたのが本編の主人公秋姫ちゃん。
天狗を父親に持っているものの、ヒトと違うのはちょっとばかり力持ちである、ということくらい。
地元の人は天狗がいて当然と思っているし、本人はふつうの女の子としてふつうに恋をしている。
お相手はおなじ学校のタケルくん。

この秋姫ちゃんがかわいいし、いじらしいし、楽しいし、どんくさい。

お話は天狗の修行をしろとせっつく次郎丸と、シニカルな幼なじみの町長の孫娘ミドリちゃんと、それぞれ若者らしく田舎ライフを暮らしてるクラスメートたちとのあいだに、ちょっと普通じゃないけど限りなくフツーの学校生活がくり広げられていく。

多分作者さんは天狗要素がなくても読ませる作品を書くことのできるひとだと思います。
さりげない描写、登場人物のリアクションに、フツーだけどフツーでない感性がやさしく光ってる。

架空の世界の壮大な話よりも、こうした些細な日常話で個性を出す方がなんぼか難しいのに。

すごく楽しかったので二巻も購入決定しました。
今度行くときまで本屋にありますように。なむなむ。

町でうわさの天狗の子 2 (2) (フラワーコミックス)
岩本 ナオ
4091316921

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。